DAILY WEAR FROM KOBE MOTOMACHI
BLOG
2008.04.10 Thursday

OLD NICK THE BEACH!! ROCK&POP

カテゴリー:未分類

こんなん入りました。
OLD NICKが贈るROCK&POPミックスCD
“THE BEACH!!”リリース!
OLD NICKがROCK&POPのみで贈るビーチパーティーをコンセプトにしたミックスCD”The Beach!!”2000年以降のROCK&POPをダンスミュージックのごとく見事にミックス。
めっちゃ聴きやすいです。
¥1575(W/TAX)

JAPANESE / 日本語DJ HASEBE – DJ / Sound Producer –
生年月日:1971.6.25
出身地:千葉県
1971年6月千葉県木更津市に生まれる。
1988年HIP HOPに接し、好んで聞くようになる。DJに未来の音楽的な可能性を感じ、19歳でターンテーブルとミキサーを購入し、本格的にDJを始める。自身の可能性を広げ、確かなものにするため上京。 都心のクラブやイベントパーティでDJをするようになる。
ミックスや選曲のセンスにどのクラブのフロアーも沸いた。 そして、DJのサウンドプロデューサーとしての在り方を意識するようになる。
影響を受けたDJは、キッドカプリ、ファンクマスターフレックス、ストレッチアーム ストロング等である。
1993年、この頃、東京で一番話題になっていた芝浦のクラブ「GOLD」でHASEBE主催のイベント「FAT RAT」を開催。予想通りの大盛況で、会場は彼のDJで踊る若者であふれた。 いつもレコードを購入するレコードショップ「CISCO」渋谷店のすすめでミックス テープを制作し、初めてのミックステープ「DJ HASEBE #1」が誕生する。
これが大評判で、レコード店の要望に応え、続けて「DJ HASEBE #2」を産み出す。そして、彼のミックステープに対する評価を受けて、彼は自身のDJとしての実力を確信した。
Busta Rhymesや海外からの有名アーティストの来日にあわせて、イベント会場のオー プニングアクトDJをすることが増え、国内の有名アーティストの全国ツアーのDJも担当するようになる。そのころから音楽業界にも「HASEBE」の名前が響き始める。 注目すべき人物としてファッション誌やカルチャー誌には度々登場。媒体に自身を露出することで、DJという職業への注目度を上げることに貢献。
そして、徐々に「HASEBE」の 名前を世間に広めていった。
1996年、初のプロデュース作品「アイスピック」を発表。 ラッパーにはZEEBRA、MUMMY-Dをフィーチャリング。
当初アナログのみだったが、後にCD化される。 同時にミックステープ「DJ HASEBE #3」を制作。
そんな折り、大きな流れがHASEBEにやってくる。Sugar SoulのAIKOとの出会いである。
それは奇しくも2pacが亡くなった日であった。 最初は「 Sugar Soul 」という企画ユニットへのDJとしての参加だった。
そこで初めて、Sugar Soulのミニアルバム「Those Days」に収録されるHASEBEプロデュース の「今すぐ欲しい」が産まれる。
直ぐさま自身のミックステープ「DJ HASEBE #4」 がAIKOの参加で作られた。 まだ、いわゆる歌謡曲、POPSがヒットの大半を占めていた日本の中で、「これが日本のスタンダードになる」とHASEBEは予告していた。しかし、これには当時の誰もが疑問を投げかけていた。
だが、これが現実となる。「今すぐ欲しい」は当時20,000枚のアナログ盤ヒット。CDも驚異のロングランでセールスが伸び続けた。
そして、HASEBE名義のミニアルバム「adore」をリリース。 各方面からリミックスやプロデュースのオファーが相次ぐ。
手掛けたアーティストのディスクについて、特にアナログに関してはプロモーションとしての役割を超越し、10,000枚以上のセールスが確約された。 また、1997年4月より2000年12月までレギュラーのクラブイベントとして今となっては伝説のパーティー「honey dip」を「渋谷HARLEM」にてDJWATARAIらとともに毎週火曜日に開催。平日にもかかわらず、週末並みの集客を誇り、様々なアーティストにプロモーションライブの場として活用されるようになっていった。そのタイミングでのオリジナルアルバムとして2001年にはビズ・マーキーからモス・デフ、ダグE・フレッシュ、レ・ニュビアン、ラーゼル、ロニー・ジョーダン、ビーニ・マン、オマーなどをフィーチュアした「 Hey World! 」をリリース。このアルバムはヨーロッパ数カ国でも発売された。
2002年の作品「Old nick Radio show」より、「Old nick」という新名義でもブレイクビーツ、アブストラクトを中心にした進化したトラックミュージックをも世界に向けて発信し続けている。過去彼のアルバムはヨーロッパとアジアなど、16カ国以上で流通している。
そして今、彼は常にネクストレベルの自分の姿を思い描いて、それに向かって挑戦を続けている・・・。


2008.04.05 Saturday

GOOD ON

カテゴリー:未分類

GOOD ONのS/S tee,L/S tee,B/B tee,etc…ハンギングしてみました。今までも一部はハンギングしてたのですが、今回は、ほぼ全商品を吊ってカラーのバリエーションを一目でわかる様にしました。今まで見逃してたカラーが見つかるのではないでしょうか。
カメラに収まりきらなかったのですが、2枚目の写真横の2スパンもGOOD ON
が吊られています。
ちなみに、いままでに無かった新しいアイテムも入荷してます。
Good on S/S tee ¥2310~


2008.03.27 Thursday

VLCOM 2008 SPRING

カテゴリー:未分類

ボルコムの春物が続々と入荷してます。とりあえずストライプシャツの画像を、、、急いで写真を撮ったので、判りにくいと思いますが、又、撮り直すのでご勘弁を。このシャツ以外にも、ショーツ、S/S t-shirts,デニム、などなど。あっ、ベルトなど小物も入荷してます。
Volcom PORTO S/S SHIRTS


107 / 109先頭...510...106107108...最後